バイクのグリップヒーターを車に取り付けました

2021年10月5日

このグリップヒーターを車のステアリングに取り付けたブログを見かけました。バイク用のグリップヒーターはもっと安価なものがあります。レビューや質問を見ていると、安価なものは車のステアリングで使うには硬いと書かれていたので、実績が確認できたこちらのグリップヒーターを選択しました。
まだ寒くはなっていませんが、ぼちぼち冬支度を始めています。
(実は安価なものも中身は同じではないか?と思いつつ。。まだ分解してないので中身はわかっていません。)

5V電源、 USB ソケット取り付け

pivot スロコンのスイッチをのスイッチを外出ししてステアリング周りに取り付けた際に、5Vラインをステアリング内に引き込んであります。その5Vを使いました。

この製品、スイッチ部分とグリップヒーター部がUSB Aのオスメスで分かれています。スイッチ側のUSB Aのソケットが、ステアリング内に上手く収まる場所を見つけました。ソケットを付けておきたかったのは、夏場はグリップヒーターを取り外しておきたいためです。

ステアリングのカバーを少し削ります。内側はちょうどいいところにストッパーになる所があります。

USB Aソケットを取り付けた所です。ステアリング中央の下部を内側から撮影したものです。画像は運転席に座って撮影しています。

スイッチ取り付け

ステアリングの上部、右側に出しておきました。右側(手前)の配線は引き込みヶ所を少し削りました。その先はUSB Aのソケットになっています。左側(奥)の配線の先は5V電源ラインに接続してあります。電源側はソケット部分をカットしてコードだけになっているので、小さい穴を開けるだけで済みます。

試用してみた感想

暖かさは良さそうです。グリップヒーター側の配線が長いのが邪魔くさいので配線を短くしてしまうか、束ね方を工夫しようと思います。
グリップヒータ自体とUSBのソケットに刺したUSBのオス側も少し邪魔な感じがしました。これは。。暖かさとのトレードオフかなぁと思います。

教えてあげてもいいけど

WGNR整備手帳

Posted by ozxys