ワゴンR 冬の準備 ウィンドウ内側の曇り止めに効果的な裏技はないのか?【導入編 効果不明】

2022年10月15日

今シーズンはこれを使ってみます!! 猫砂

田んぼ仕事もひと段落し、これから徐々に冬の支度をする所ですが、通勤時のウィンドウ内側の曇りが最近の冬シーズンの結構なお悩みです。
で、色々調べていると、カーメイトXCREAR最強説的な所もありますが、曇りの本質=湿気を除去するという点で、お菓子の袋に入っているシリカゲル等がよいという情報を見つけました。さらに調べていると、、、猫砂にたどり着いた、とい次第です。

さてこの猫砂の効果やいかに!?
みんカラで同じ商品を使ったレポートで「効果ありましたよ!!」っていうのを、つい先ほど発見しましたが、ガンガン雪が降り、湿度が高く冷え込みの激しい新潟県での効果はあるでしょうか?

前はそんなに気になっていなかったのですが、エリシオンからワゴンRに乗り換えて、曇り方が激しくなった気がして、悩み=面倒だ!!って思えて来た様な気がします。

ところで猫砂て何? wikiより

猫砂(ねこずな、ねこすな)は、の飼育に用いられる排泄用のの一種である。単なる砂を指すことも多いが、現在では猫の動物の生理的習性を動物学の見解を基に作り上げられた粒子状の人工物を指すことが多い。

だそうです。猫砂の知識はゼロでしたので、近所のホームセンターに突撃してみた所、猫砂にいくつか種類があるのを知りました。

ホームセンターで見かけた猫砂の種類

  1. 紙っぽいもの
  2. ペントナイト
  3. シリカゲル

主に気になったのは上記の原材料の違いと香りの有無でした。原材料のうち「ペントナイト」というのが初耳なので調てみたところ。。

シリカゲルよりも低温に強そうな記載を発見!

これは雪国仕様だと思い、ホームセンターで購入しました。値段は5kgで600円しないぐらいでした。シリカゲルは800円~900円の間ぐらいでした。

香りはリラックスグリーンの香りのものをチョイスしました。無臭とグリーンともう1種類ありました。
後から分かったのですが、濡れると固まるタイプなんですねぇ。ん~どうなるかなぁ。。

車内の湿気対策

ダッシュボードの奥(フロントウィンドウの付け根)に2本、ストッキングに詰めた猫砂を置いてみました。置く場所の形に合わせて形状を調整できるので、ウィンドウの付け根の奥に馴染ませておいてみました。

ここ濡れそうなので固まってしまいますかね。。あとデフロスターの吹き出しの邪魔をしそうです。効果出てくれないだろうか。。こうご期待!!

運転席と助手席の足元に靴下に詰めた猫砂を置いてみました。まぁここは定番だと思います。

詰め方 ストッキング編

なんと。。使わなくなったストッキングの足の部分、2本使いました。ハサミでチョッキンしました。

結構入れづらいので、ジョウゴをつかいました。あと新聞紙敷きました。画像は寝かしてありますが、入れる時は立てて入れています。

詰め方 靴下編

画像の上の方:猫砂を積めてタイラップ(結束バンド)で、入り口を絞った状態です。
画像の下の方:タイラップで入り口を絞ったあとに、くるんと余った部分を返したものです。
ピーナッツの様な形になってますね。これを座席下におきました。

昨年の冬の闘い

教えてあげてもいいけど

WGNR整備手帳

Posted by ozxys