軽自動車(ワゴンR) スキー、スノボの積み方 【スキー170・153、スノボ160 3セット積んで余裕あり】

子供も大きくなりくなり家族全員でスキー場に行く機会もないので、ワゴンRに乗り換えてからキャリアを購入していません。が、娘と私が出かけるとなると、二人ともスキーもスノボもやるので道具がやたらと多くなるんです。
年末からのシーズインに備えて、とりあえずはスキー×2、スノボ×1を運転席の後ろ1席のスペースにコンパクトにしかもキレイに積めないか試行錯誤(なんと2時間)してみました。結果、自分的には超絶ナイスなアイデアを思いつきましたので、記録しておくことにしました。
ちなみに私は身長が190cm近いので、ボードは160cm、スキー板は170cmとBigサイズです。もう1本のスキー板は153cmぐらいのものです。

スキー、ボードの積み方 超絶アイデア1 ストッパー!!

運転席シートの後ろの部分に木の棒を1つ渡してあります。この棒をスキー板のストッパーにして、スキー板をボードを乗せる台にします。右側のMizuno(modeと書いてある板)のスキー板がボードの台になります。ボードはノーズをストッパの上に差し込みます。隙間に差し込むことでボード固定される所がナイスアイデアです。ストッパーは、家にあった半端な木材を使いましたが、100均で売っている短めの突っ張り棒などでもいいかもしれません。
左のFISHERの板は170cmあります。センター付近でないとリアガラスに当たってしまいましたので、この配置にしました。

ストッパーの上にボードの先端を差し込んでます。スキーの滑り止め防止の樹脂部分がボードのソールに当たりますので、気になる方はやめておいた方がいいと思います。

170cmのスキー板はリアゲートを上げた状態だと、ちょっと飛び出てるぐらいの感じです。リアゲートを閉めるとリアガラスまでの距離は1cmぐらいです。分かりやすい様に保冷袋を挟んでみました。
雪道をガタガタ走りますのでこのまま放置はできないですね。この対策はアイデア2で紹介します。
ちなみに、運転席のシート位置は一番後ろまで下げていて170cmの板までは入りますよってことです。

軽自動車(ワゴンR MH34S)にスキー2本とボード、ブーツを運転席後部も積んだ所

改めてトップ画像です。運転席の後ろの1席だけ使って積んだ状態です。これだけ積んでます。
・170cmスキー板 ×1
・153cmスキー板 ×1
・160cmボード  ×1
・ブーツ ×3 (29cmボードブーツ、29cmスキーブーツ、25cmスキーブーツ)
・ストック ×2  (125cm、伸縮式)
ボードの上に、ウエアや小道具類をごそっと載せられます。なのでこれだけ積んでも3人乗ることができます。
この画像はMizunoのスキー板が1組見えない撮り方をしてしまったのが残念です。また撮りなおそうかなぁ。。

足元にまだ隙間がありますのでスノーブーツなども置けますよ。

スキー、ボードの積み方 アイデア2 スキー板のノーズガード

100均で色々探しました。しっくりきましたねぇ。幅、長さといいジャストサイズです。なおかつ弾力も十分。何を使ったかといいますと。。次の画像です。

車のヘッドレストにぶら下げる保冷バッグです。ペットボトルが2本入ると書いてありました。近所だと「なんじゃ村」というお店で見つけけましたが、どこにでもある物ではないのかもしれません。

スノーボードのノーズガード 100均組み合わせ偏

以前からボードのノーズガードに、100均の保冷袋を使っていましたがクッション性と強度が足りないと思っていたのです。今回、スキーのノーズガード用にお試しで購入したA4サイズのタブレットケースをボードのノーズガードにはめてみたら、なんと幅はジャストサイズ!! 長さが不足するので、保冷袋の上からはめてみましたら、なんとまたこれも超いい感じです。車に積むときにあっちこっちにぶつけてしまうのでノーズガード大事です。

今日は2021/12/26、天気予報では数年に一度の記録的な積雪とか。。そうだ関越自動車道は18時から計画閉鎖。28日まで雪模様で、翌日29日にシーズン 予報は晴天 絶好ですね~!!
2020に続き神立からです。じじになってきているので無理せず楽しもうかな。

教えてあげてもいいけど